セラピストは施術するだけではなく、お客様とのトークも大切です。単に会話が弾めば良いというものではありません。お客様がリラックスして貰う為にトークはひとつのキーポイントになります。
 
 

広がりやすい話題

 
 美容関係の話題
 


 
特に女性のお客様であれば何かしら美に興味をもっているはずです。肌トラブルの話やケア方法に関する話を振る事で、自然とそのお客様の肌の状態を知るきっかけにもなります。
 
 
 健康面に関する話題
 

 
こちらも美容と同様、うまく話しが盛り上がれば今後の施術に活かす事ができます。肩こりに悩まされているのか、首の痛みに悩まされているかなど、自分自身の悩みに合わせて話す事で話題も広がりやすいです。
 
 
 客観視した目線でイメージを伝えてみる
 

 
初めてのお客様へもリピート下さっているお客様にも使える話題です。「○○っぽく見えますね」などとお客様のイメージを伝えるとそこから話題が広がる可能性があります。特にピタッと当てはまると、なお盛り上がります。
 
 

お客様の悩みを引き出すトーク術

 
聞く事も大切
 
一方的に話すのではなく「相手の話を聞く」事も大切なポイントです。親身になって相手の話す言葉に耳を傾ける事が大切です。相手がどうしたら喜ぶか、頭の中で常に考えながら、相槌を打ちながら相手の話しを聞くとお客様も話しやすいなと思い、不安や悩みを引き出す事ができます。
 
 
質問する事
 
質問する事もポイントです。ただ質問するだけだと相手に圧迫感を与えてしまう可能性もあります。相手の話したいと望んでいる事を考えながら聞いて行く事が大切です。
 
 

セラピストの会話でNGなのは

 
無言の状態が続いても無理に話しかけない

 無言の状態が続くと気になるという方もいるかもしれませんが、場合によってはNGです。もしお客様が静かにリラックスしながら施術を受けたいというタイプでしたら、無理に会話をするのが苦痛になります。
無言の時間が続いても、本当に会話を楽しみたいというお客様なら自分から話しだす方が多いので、会話が始まったら適度に相槌をいれつつお話する事をオススメします。

 
 
言葉遣いに気おつける

言葉遣いも注意が必要です。タメ口で話したり、間違った敬語を使うとお客様が嫌な気持ちになるかもしれません。
親しみやすいように打つ解けた態度を見せるのも大切ですが、言葉遣いが崩れていると正しい気持ちが伝わらない恐れがあります。特に礼儀作法に厳しいお客様には気おつけましょう。

 
 

最後に

 
「何を話していいかわからない」といった悩み、特に初めて施術するお客様だと相手の情報が何もない為、会話のきっかけがつかみにくいと思います。
そんな時は無理にひねり出さす、お客様の体調を糸口にするのが良いでしょう。

コメントは閉じられましたが、トラックバックとピンバックは受付けます。